紀子さま、彬子さまに「足並みを揃えて」と慈愛のアドバイス オンライン公務へのお取り組みをめぐり



文/伊藤友香子

天皇ご一家のご静養について

18日、天皇ご一家が今夏のご静養を見合わせられる事が分かった。例年、両陛下には春と秋に多くの地方行幸啓が入るため、夏の間には那須御用邸や須崎御用邸での静養を取られるのが恒例となっていた。

昨年8月は、両陛下と長女の愛子さまが須崎と那須にそれぞれ数日~10日間ほどの日程で滞在されたが、到着時、帰京時には沿道や駅におよそ300人程の人が集まった。側近の一人は「地方へのお出ましで“密”が生じることを避けるため」と話している。

紀子さまの“コロナ公務”に、三笠宮信子さまがご忠言 「本当に意義のある内容ですか?」

30回以上のオンライン会談をこなす秋篠宮家

さて、自粛が続く中、皇族方は関連する団体の関係者らとオンラインでのやり取りを続けられている。三笠宮彬子さまは6月6日と7月7日、総裁を務める団体「心游舎」のオンラインセミナーに参加され、九州の豪雨で被災した人たちに向けてお見舞いの言葉を述べられた。

「6、7月くらいまで、ほとんどの公務はキャンセルという状態になりまして、今まで読めなかった資料だとかを読み込んだりとか、論文をじっくり書いてみたり」と話された彬子さまだが、現在もこういったお取り組みを継続されているという。

オンラインセミナーでの彬子さまのご様子はYou Tubeで公開されている

皇室ジャーナリストの佐藤公子さんはこう話す。

「彬子さまの発信は素晴らしいものでした。団体の関係者らと笑顔でおことばを交わされる自然体なお姿から、普段のご活動にどのようにお取り組みなのかがよく伝わってまいりました。

日頃から皇族としてのお立場を強く意識され、熱心にご活動をされてきているからこそ、こういった発信の仕方にもスムーズに移行することができたのでしょう」(皇室ジャーナリストの佐藤公子さん)

前例無きオンラインご公務という試みに前向きに動き出される皇族方。中でも最も多く会談をこなされているのは秋篠宮ご一家だ。3月11日に、両殿下が「恩賜財団済生会」から感染拡大への医療機関の対応状況を聞かれて以降、今日現在まででご一家が受けたオンラインのご説明は30回以上にも及ぶ。

8月7日には長男の悠仁さまも加わって、国際日本文化研究センターの磯田道史准教授から日本で過去に起きた感染症の歴史などについての話を聞かれ、まさにご一家が総出でこの事態に対応されている状況だ。

長らく家族関係が取り沙汰されたご一家だが、眞子さまも交えて活発にご活動されるご様子からは、家族の愛を取り戻し、一致団結されている状況にあることも伝わる。

だが、秋篠宮家のお取り組みについてはネット上などで様々な意見が上がっている。とりわけ「悠仁さまのお姿を見たい」という国民の願いもある中、7日の悠仁さまの“ご進講”については、前日の第44回全国高校総合文化祭「こうち総文」をオンライン視聴された際の画像が使い回されていたことが話題となっている。

ある宮内庁幹部はこう話す。

「せっかくオンラインでのご活動を最も旺盛に行われているので、悠仁さまの“初ご進講”の様子も国民に伝えては、という意見も庁内ではありました。しかし毎回のことですが、こちらの提案は同家側から固くお断りされてしまうため、なかなか報道機会を増やすということができない状況にあるのです」(宮内庁幹部)

彬子さまのお取り組みにご意見も

また、悠仁さまのオンライン進講が前日のご公務の画像使いまわしだっただけでなく、これまでの30回以上のオンライン公務の様子も、秋篠宮家からはほとんど公開されていない。それだけに、一体どれくらいの時間、どのようなお話がなされているのかは多くの国民が関心を寄せるところだ。

前出の佐藤公子さんはこう話す。

「特に、小室問題で注目を集める眞子さまや、昨年はあまりお出ましの機会が無かった佳子さまのお姿を見たいと思う人は多いでしょう。

秋篠宮家が多くのオンライン公務をこなされている事は報道や宮内庁HPなどからわかるのですが、肝心の内容、どのようなご様子で関係者らとおことばを交わされているのか、三笠宮彬子さまのように、もっとオープンにされていっても良いのではないでしょうか」(佐藤公子さん)

確かに、外出を伴う公務が自粛され、国民との交流機会を失いつつある皇族方にとって、オンラインでのご公務の様子をどのように伝えていくかは、今後も改善の余地があるように思う。

しかし、秋篠宮家は今後も、映像公開などを増やす方針は持たれていないという。同家の関係者はこのように話した。

「報道を入れない方針の背景には、紀子さまの“情報漏えい”への徹底した意識があります。紀子さまは前にも増して、宮家にイレギュラーな人の出入りが無いようにと神経を張り巡らされています。

そういった状況ですから、彬子さまがオンラインセミナーのご様子を公開された際には“もっと皇族として足並みを揃えてほしい”“なぜ皇嗣家に相談無く、勝手な振る舞いをするのか”といったご苦言もおっしゃいました。

このように皇室全体のことをお考えになる紀子さまは、雅子さまのことを強く意識されているように思います。雅子さまは他の皇族方を大変に信頼なさっているがゆえに、何か皇后としてアドバイスをなさる、といったことはなさらず、常に温かく見守られるというスタンスです。ですが紀子さまは、皇后ならば、各宮家のなさりようにも注意深く目を光らせるべきだとお考えです。

ご自身の意見を躊躇なく発信される紀子さまですが、皇嗣妃として奮闘されているがゆえに、雅子さまへの改善要求を示されている面もお有りでしょう。将来の国母というお立場を強く意識された、深い愛ゆえのご発言だと拝察しております」(秋篠宮家の関係者)



10 件のコメント

  • 三笠宮彬子様はご自身からの発信力もあるし、教壇に立って皇室文化についてクラスがある程。受け身ではなく自ら国民に教える事が出来る。また、妹の瑤子様はこの間ミャンマーにいらしていたが、スピーチを聞いてもユーモアがあり大変頭の良い方という印象を受けています。

    それに比較して、、、と比較してはいけないのだが、本当に皇室に入ってはいけない人達が入ってしまうとこういう事に。タイ王室の体たらくが他人事ではない。

    • 国民にナニヲ教えるのですか?

      皇室文化を国民が習って何になるんでしょう?

      マイナー皇族から日本国民は説教されなくても結構です。

      • 国民に軽蔑されているのが全く分からないで、何勘違いして、偉そうな言動をするのでしょうか?
        宮内庁職員は、秋篠一家全員に常識を教えることから始めてください 日本人と思えません

  • 皇嗣家?暫定一位の宮家なだけでなんで秋篠宮家に一々お伺いを立てて公務をするかしないか決めなければならないのか
    紀子は勘違いしてるね紀子アンタはいつから皇后気取りで他宮家に注文を付けられる立場になった
    雅子皇后陛下が他の宮家を信頼し好きな様に公務をやらせているのに何を皇后ならばとか言ってるの?
    アンタは雅子皇后に自分達がする公務内容を相談して決めてるのか?違うだろう
    宮家それぞれが担う公務は各宮家が内容を吟味し選びおこなっている
    でしゃばりお節介で鼻つまみの紀子が彬子女王に意見するなど100万年早い
    人の公務にケチつける暇と時間があるなら家族間の問題解決が先だ
    そしてアンタが国母になるとか無い
    アンタが我が日本にどんな貢献をした?建国する時に何か行動起こしたか?
    男子生んだからと国母になれるとか勘違いも甚だしい
    本来なら皇太子は世襲制
    敬宮愛子内親王様がお継ぎになる
    傍系に皇統が移ることはない
    今上陛下のサポートもやらずに偉そうな事を言うな
    オンライン講義に悠仁も参加させたのだってアピールだろう
    魂胆ミエミエで気持ち悪い

  • 貴女に許して貰う言われはないと思いますが
    各宮家が担う公務は内容を吟味し選びおこなっています
    秋篠宮家の公務は今上陛下や雅子皇后陛下にご相談しておこなっていますか?
    今上陛下がまだ皇太子の時に秋篠宮家の公務は相談してお決めになってますか?
    足並み揃えてとあなたは言いますが一番足並みを乱している宮家は何処ですか?
    三笠宮彬子女王がいつ足並みを乱してますか?
    良く考えてコメ欄に書いてくださいね



  • 語学が堪能な彬子さま人気に嫌がらせ
    記事を出させた紀子さん。
    益々孤立していきますよ。
    信子さま久子さまと天皇ご家族は円満
    皇室がまとまっております。
    和を乱すのが紀子さん、あなたですよ。
    貴族の方々から学ぶべきです。

    • 皇室のリーダーと思っているのでしょうか?
      勘違いA家は全員揃って消え失せて
      欠伸しながら画面を見るのが公務ですか?
      恥さらしをしているだけなのが分からないのでしょうか? 分からない脳味噌なのね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    アーカイブ