紀子さま「もう限界!別居します」 悠仁さま連れ“仮邸”に籠城へ



文/佐藤公子

混沌の秋篠宮家

「いつものことながら弱ったことになりました…」

ため息混じりにそう語るのは秋篠宮家付きの宮内庁職員A氏だ。一体、何が起きたのか?

「現在、秋篠宮ご一家が住まわれているのは仮邸で、その隣に本邸を建築中です。本邸が完成次第、一家そろって引っ越す予定だったのですが、紀子さまが『もう限界です。私と悠仁はこちら(仮寓御所)に残ります』と言い出しまして…。夫婦仲に隙間があるのは前からなのですが、とうとう我慢が…」(秋篠宮家関係者)

眞子さま結婚問題がぐずる中、夫婦間の隙間風も冷たくなっている。これを象徴する出来事は、2019年6・7月に秋篠宮ご夫妻が欧州訪問された際に起きた「振り払い事件」だ。海外公務でポーランドにあるワジェンキ公園にあるショパン像を訪れた際、秋篠宮殿下が、手を繋ごうとされた紀子さまの手を振り払った事件がそれだ。この海外公務に同行した宮内庁職員は次のように回顧する。

「眞子さまの一件が週刊誌で過熱報道されていた時期だけに、秋篠宮ご夫妻はとてもナーバスになっていました。海外公務の前半は殿下が終始不機嫌、後半は妃殿下(紀子さま)が終始不機嫌でした。

ご機嫌が入れ替わったきかっけは、ワルシャワ大統領宮殿前でポーランド大統領ご夫妻と撮ったお写真で、紀子さまだけレッドカーペットから外されてしまったことです。いわばアクシデントのようなもので、他意はなかったのですが、確かに配慮があっても良い場面ではありました。紀子さまにはこういう細かいご不満の積み重ねが山のようにあるようで…」(宮内庁関係者)

眞子さま“女性宮家辞退”に、小室佳代さん涙「圭は皇族になれないのですか?!」

悠仁さまに帝王学を!

秋篠宮殿下と紀子さまは、今年で真珠婚だ。結婚生活を30年も続けば夫婦間の不満が積もっていてもおかしくないだろう。

「秋篠宮家の夫婦仲は眞子さまの一件で揉めているという印象がありますが、むしろ決定打となっているのは悠仁さまの教育問題です。すでに報道されている通り、悠仁さまの帝王学は国民的問題となっています。にもかかわらず秋篠宮殿下は悠仁さまの教育を紀子さまに任せたままの状態で…。

この裏には秋篠宮殿下ご自身が帝王学を受けていないという負い目があるように拝察いたします。早い時期から天皇陛下と雅子さまの元で教育を受けさせるべきだとの意見も強くあります」(同前、秋篠宮家関係者)

悠仁さまの教育問題について、保守論客の八幡和郎さんも「しかるべき指導者とともに、悠仁さまを教育するのが自然ではないでしょうか」と述べ、宮内庁および天皇家も教育に参画すべきとの見解を述べている(女性セブン2018年9月20日号)。

「今の天皇陛下には濱尾実(1925-2006)という大変優秀な教育係(東宮傅育官)がいました。濱尾侍従の父・四郎は子爵で貴族院議員も務めた人物で、宮廷などの事情に通じたご一家です。こういった人物が秋篠宮家の周りにはいない。派遣しようにも秋篠宮ご夫妻が『悠仁の教育はうちでやりますので』の一点張り。もちろん宮家の教育に宮内庁は干渉できない決まりですが、秋篠宮家は皇嗣家ですのでもうす少しオープンになって頂かないと…」(同前、宮内庁関係者)

紀子さま「別居」の真意

皇嗣家としての重責が増すなか、夫婦関係に亀裂が生じ、悠仁さまを連れて「別居」を切り出した紀子さま。その真意は何処にあるのだろうか? 先の関係者は続ける。

「紀子さまは秋篠宮殿下を奮い立たせるため、あえて『別居』という強い選択肢を示したのではないでしょうか? 紀子さまは大変聡明なお方で、機知に富んだお言葉で、殿下をお諫めされることがしばしばあります。美智子さまも『紀子さんのエスプリは本当に面白いですね』と称賛されるほどです。

ですが、今回のように夫婦喧嘩で過熱しますと、紀子さまは職員へのあたりが強くなられたり、『離婚しかない!』といったハッタリをかまされることがしばしばあります。今回の『別居』発言も『いつものヒステリーが始まった』と殿下もお考えでしょう。しかし頻度がだんだんと多くなってきておりまして、職員一同どうしたものかと…。はやく眞子さまの一件がきれいに片付き、紀子さまが心落ち着かれて過ごされることを願ってやみません」(同前、秋篠宮家関係者)

聡明な紀子さまの笑顔はこれまで国民を何度も勇気づけてきた。公務の度にお手振りされるそのお姿はファンも多い。悠仁さまの成績も中学に入ってから急上昇中であり、人望も厚く、友人から『勉強教えて』と言われることもあるという。秋篠宮家の幸せは夫婦仲にかかっているのかもしれない。

眞子さま“女性宮家辞退”に、小室佳代さん涙「圭は皇族になれないのですか?!」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です